CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
兵庫県現代詩協会ブログ
Hyogo Contemporary Poetry Association
2017年度の事業内容です
0

    本日、常任理事会が開かれ、本年度(2017年度)の事業計画が、同会で承認されました。

     

    1. 総会の開催
    2. ふれあいの祭典 詩のフェスタひょうご(今年度は10月8日開催。ゲスト詩人は平田淑子さん)
    3. ポエム&アート(仮称)
    4. 読書会 年2回
    5. 文学紀行 (貸し切りバスを使わず、軽費で楽しい1日散策)
    6. 会報発行 年2回 7月、12月
    7. 名簿発行
    8. ホームページ更新

    今年も意欲的に活動を展開していきます。

    | 協会の活動 | 09:50 | - | - | - |
    兵庫県現代詩協会の20年の歩み
    0

      兵庫県現代詩協会は、創立20周年を迎え、記念行事(3月18日・神戸風月堂ホール)を開催するとともに、『ひょうご現代詩集2016〈創立20周年記念〉』を上梓しました。

       

      この『ひょうご現代詩集2016〈創立20周年記念〉』は、会員のみなさんの作品が掲載されている他に、巻末には、「兵庫県現代詩協会 20年の歩み」と題する1997年からの年譜を掲載しています。

       

      この年譜を、ネット上に公開します。

      この年譜は、ひとつ阪神・淡路大震災からの、兵庫県現代詩協会の動向だけではなく、兵庫県における現代詩の動向についての基礎資料のひとつとなりうるもので、公開することによって、ひろく情報を共有していきたいと思っています。

       

      「兵庫県現代詩協会 20年の歩み」

      上をクリックしてみてください。別サイトに貼り付けている年譜を閲覧することができます。

      全部で46頁で構成されています。

       

      こうした歩みをもとに、兵庫県現代詩協会はこれからも、活動を重ねていきたいと思っています。

       

       

      | 協会の活動 | 09:42 | - | - | - |
      阪神・淡路大震災から20年の記念誌
      0

        兵庫県現代詩協会は年に二回会報を発行しています。

         

        2015年は、阪神・淡路大震災から二十年たったことを契機として、特別号を作りました。

         

        以下のURLをクリックしますと、ネット上で閲覧することができます。

         

        兵庫県現代詩協会 会報 特別号 2014年12月17日発行

        「阪神・淡路大震災から20年を想う」
          発行/兵庫県現代詩協会

         

         

        https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnxtYXJvYWQ2NjQ1NHxneDozNmZiODRjNDc5ZWJkOTZm

         

        〈兵庫県現代詩協会 会報 特別号 目次〉

         

        叫び/あだちかつとし………………03
        時が揺れて/阿部由子………………03
        そのつぎは/安西佐有理………………04
        声(波のように)/井上修子………………04
        グラウンドにいたプレイヤーの20年間/入江田吉仁………………04
        祈/岩崎英世………………05
        鵯越/江口 節………………05
        寓話を置いてみて/大西隆志………………06
        なべて去ってゆく/大橋愛由等………………06
        朝の訪れ/和比古………………07
        風の中/かただときこ………………07
        十九歳になった孫Hへ/香山雅代………………08
        二十歳/神田さよ………………08
        業に苛なまれ/川田あひる………………08
        糸/小西民子………………09
        空中に置いた片足/佐伯圭子………………09
        再起した神戸/佐藤勝太………………10
        おどろく/在間洋子………………10
        この二十年/直原弘道………………10
        封を切って/たかとう匡子………………11
        声/高橋冨美子………………11
        あの日から/たかはらおさむ………………12
        死不起/谷田寿郎………………12
        風化/玉井洋子………………12
        おばあちゃんの下駄/玉川侑香………………13
        海峡の駅はいま/土屋宣子………………13
        変わりゆく色彩/中川道子………………14
        新しくなった扉のまえで/中島妙子………………14
        この場所で/中堂けいこ………………14
        阪神・淡路から東北へ 被災二十年に導かれ/西海ゆう子………………15
        炎のトルネード/西村好子………………15
        避難所/野口幸雄………………15
        兵庫/平岡けいこ………………16
        輝く月に/福田さとる………………16
        光 ひと房/福田知子………………16
        窓の在り処/福永祥子………………17
        美談/藤井 清………………17
        沈黙の先へ/丸田礼子………………17
        20年を経て/三浦照子………………18
        あの日/水こし町子………………18
        うなだれて思うあのあと/三宅 武………………19
        祈り‥‥分断と再生/山本真弓………………19
        pass away/由良佐知子………………19
        過ぎ行く時間を/凛 清太………………20
        消えない虹/渡辺信雄………………20

         

        ------------------------------------------------------★

        | 協会発行のメディアアーカイブス | 08:13 | - | - | - |
        今年度はこんな事業を予定しています
        0

          本日行われました常任理事会で次の議題が審議され、2016年度の事業が開始されました。

           

          <議題>

          機η間事業について

           _餬彿鷙

           ∩躄駟鷙(神田) 参加者:会員36名、委任状82名、会員外7名。懇親会17名。

              詳細報告は会報にて。

           F退会報告 現在会員数156名。

           げ駟鵝6月30日発送の予定 

           ゥ曄璽爛據璽検Ε▲鵐愁蹈検次20年記念誌」の進捗状況

           

           

           ζ表餡顱‖莪豌鵑7月31日(日)13時より私学会館303号にて。

           取り上げる詩人「高橋睦朗」チューターは時里二郎。参加者は案内状葉書にて          

           7月15日までに返送のこと。第二回は11月に予定。

           

           Д櫂┘燹アートコレクション展

            2017年1月14日(土)から24日(火)。搬入14日午前中、搬出24日午後。

            講演は「兵庫の詩人シリーズ」が予定されている。

             

           

          20周年記念祝賀会 2017年3月18日(土)13時より 風月堂ホールにて

              内容などについては詳細が決まれば順次公表します。

           

          2・ふれあいの祭典詩のフェスタひょうご

              10月2日(日)13:30〜16:30(準備に12:30〜) ラッセホール地下「リリー」

              <開催内容>

             *講演・高橋睦朗氏 13:30〜15:00  

           

             *朗読については、一般からの参加者も公募する。人数把握のためチラシに出席希望の欄を設け、FAXもしくは郵送で応募する。

             *懇親会は会費などを考慮して模索中。

           

          | - | 23:44 | - | - | - |
          総会についてのお知らせ
          0

            5月8日(日)に開かれます兵庫県現代詩協会 第20回定期総会についてです。

             

            日時 5月8日<日> 13時30分〜16時30分

            場所  ラッセホール ハイビスカス

            第1部13時30分〜14時30分    

            1、会長挨拶              

            2、議長選出      

            3、議事

              ➀ 2015年度 活動報告       

              ◆2015年度 決算報告      

               2015年度 会計監査報告      

              ぁー禅娠答

              ァ2016年度 活動計画案         

              Α2016年度 予算案          

              Аゝ約1部改正(案)について      

              ─ー禅娠答

               議長退任

            4、「ひょうご現代詩集2016」について   

            休憩14時30分〜14時45分

            第2部 14時45分〜15時35分    

            講演会    講師 永井ますみ氏(兵庫県現代詩協会会員)

            演題     万葉集と大伴家持 ー大伴家持さん私をそこへ連れてってー

            筑前琵琶演奏 渡辺幸子氏

            永井ますみプロフィール

            1948年鳥取県に生まれる。神戸市在住。

            詩誌「リヴィエール」同人「現代詩神戸」編集担当。

            既刊詩集『ヨシダさんの夜』『弥生の昔の物語』『短詩抄』『愛のかたち』

            『永井ますみ詩集「新・日本現代詩文庫110」』など。エッセイ集「弥生ノート」。

            詩集『愛のかたち』で第21回富田砕花賞受賞。2000年頃からビデオ撮影と編集に興味をもち、最近は「詩朗読きゃらばん」と称して、朗読ビデオ採録と編集のため日本全国を駆け巡る。2011年から詩の方向を弥生時代から万葉集の時代に転換して書いている。

             

            第3部 15時35分〜16時20分    

            朗読会                 

            渡辺信雄 和比古 季村敏夫 佐藤勝太 田中伸爾 森田美千代

             

             閉会の挨拶             

             

            *懇親会17時より会費4500円(飲み放題)司会 

            場所 がんこ寿司トアロード店 神戸市中央区北長狭通3−1−17 

                ☎078-392-3175 JR線路添い北側トアーロードの角〈旧こがんこ寿司〉

            | 協会の活動 | 09:56 | - | - | - |
            常任理事会、ひらかれました
            0
              本日、第6回常任理事会が開かれました。

              討議された内容についていえば以下のとおりになります。

              1.2015年度の会計報告

              2.入退会者の報告

              3.会報(39号)の編集について。

              4.協会のホームページとアンソロジーの発行について

              5.文学紀行(3月6日)の報告

              6.総会について(5月8日に開催)

              -----------------------------------------

              さらに2016年度の事業のうち、「ふれあいの祭典 県民文化普及事業」実施に関する報告もありました。
              | 協会の活動 | 23:35 | - | - | - |
              第4回文学紀行(3/6)のお知らせ
              0

                第4回文学紀行ー兵庫県現代詩協会ー
                 

                2016年3月6日(日)雨天決行
                 

                集合場所  三宮 中央区役所北側 2号線沿い

                集合時間  8時30分   解散時間 18時ころ

                参加費   7000円(バス・食事・見学料含む 当日集金)

                申込締切  2月25日

                行程(中型バス貸し切り)  

                三宮ー橿原市今井町(江戸時代の風情を今に伝える町)

                ー飛鳥日本料理【膳】にて昼食ー飛鳥万葉文化館見学

                ー飛鳥徒歩散策ー石舞台見学

                ―柿の葉寿司ヤマトあすか店ー三宮
                 

                *この用紙でfax、或はメール、電話、葉書でお申込み下さい。

                定員25名のため先着順に参加申し受けます。
                 

                 申し込み先 神田さよ 〒663-8006 西宮市段上町6−14−4

                         電話 0798(53)0686 fax 0798(53)6991

                         E-メール nrk54251@nifty.com

                         携帯電話(当日のみ)090−3943−3938

                | - | 08:32 | - | - | - |
                第8回読書会の詳細
                0
                  第8回読書会のお知らせです。
                  今回は、三好達治を取り上げます。
                  チューターは、会員の北岡武司氏です。
                  (参加資格はありません。兵庫県現代詩協会の会員以外の方でも参加できます)

                  ★〈あいさつ〉兵庫県現代詩協会・たかとう匡子
                       2015.10.3

                   ひと雨ごとに秋がふかまって参ります。みなさまにはつつがなくお過ごしのことと存じます。
                   さて、第8回目の読書会は「四季」の詩人・三好達治をとりあげます。「雪」や「乳母車」などの詩はひろくしられるところですが、明治・大正・昭和と64年の生涯を生きた詩人の抒情の水脈は、多様化する現代詩の伏流水となって今も注ぎこまれているのかもしれません。
                   みなさんと一緒にさぐっていきたいと思います。

                  〈記〉
                  日時/11月23日(月・祝)午後1時00分
                  場所/兵庫県私学会館 101号室 電話078-331-6623
                     神戸市中央区北長狭通4-313
                  チューター/北岡武司(兵庫県現代詩協会・会員)

                  ★〈三好達治の詩について--チューター 北岡武司〉
                   ―掌で震える小鳥 現に肌が触れ 宇宙に肌を剥きだし震える ちさき己と己を包む大いなるものとに震え 狂気へと駆り立てられ―「遠く遠くはてしない道」
                  会費/無料(資料は当日配布)
                  参考テキスト/『現代詩文庫 三好達治』思潮社

                  ★申込・問い合わせ先/078-451-4155 玉井
                  | 協会の活動 | 09:04 | - | - | - |
                  2015年度後半の兵庫県現代詩協会 活動内容
                  0

                    兵庫県現代詩協会の第3回常任理事会が、兵庫県私学会館で開催され、いくつかの事項が決定しました。

                    発表可能な事項について、紹介します。


                    ★01
                    第8回読書会
                    11月23日(月・祝)に開催します。
                    場所は、兵庫県私学会館(「元町駅」下車徒歩2分)
                    テーマ/「三好達治の詩の世界(仮題)」、
                    チューター/北岡 武司(兵庫県現代詩協会会員)
                    時間/午後1時から3時まで
                    (会場は101号室)


                    ★02
                    第2回詩のフェスタ実行委員会は、9月20日(日)午後3時30分から、兵庫県私学会館にて開催されました。
                    (第3回常任理事会が終了してのちに行われたものです)


                    〈2015年―ふれあいの祭典 詩のフェスタひょうご〉が10月4日(日)に開かれます。
                    2015Festa

                    時間/午後1時から4時まで(受付は12時30分から)
                    会場/ラッセホール(神戸市中央区)
                    主催/詩のフェスタひょうご実行委員会
                    共催/兵庫県、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、兵庫県現代詩協会
                    参加費/無料
                    ―――――――――――――――――――――――――――――――☆
                    〈第1部 講演〉pm1:00〜
                    講師/佐々木 幹郎
                    演題/「書く」こと、「待つ」こと。
                    ―中原中也とチェホフをめぐって
                    〈第2部 詩の朗読会〉pm3:00〜
                    一般募集による自作詩の朗読会(10名が朗読予定)
                    ―――――――――――――――――――――――――――――――☆
                    佐々木幹郎氏プロフィール
                    1947年奈良で生まれ、大阪で育つ。東京都在住。『新編中原中也全集』(全5巻別巻1)の責任編集委員。詩集に『死者の鞭』、『蜂蜜採り』(高見順賞)、『悲歌が生まれるまで』、『明日』(萩原朔太郎賞)。評論・エッセイ集に『中原中也』(サントリー学芸賞)、『アジア海道紀行』(読売文学賞)、『やわらかく、壊れる』、『旅に溺れる』、『瓦礫の下から唄が聴こえる』、『東北を聴くー民謡の原点を訪ねて』ほか。

                    ―――――――――――――――――――――――――――――――☆
                    会場/ラッセホール
                    神戸市中央区中山手通4-10-8
                    電話078-291-1117
                    JR・阪神元町駅・市営地下鉄県庁前(東出口1番)より徒歩8分
                    阪急三宮駅・地下鉄三宮駅から徒歩15分
                    申込み・問合わせ先/詩のフェスタ実行委員会事務局
                    〒663−8006 西宮市段上町6−14−4(神田さよ方)
                    tel 0798−53−0686 fax 0798−53−6991
                    ―――――――――――――――――――――――――――――――☆
                    フェスタの終了後、懇親会が午後4時40分から行われます。
                    参加費/4500円
                    会場/金魚(本店) 電話078-333-6678
                    場所/神戸市中央区北長狭通1-7-5ハクサンビル



                    ★03
                    兵庫県現代詩協会の「文学紀行」が、3月6日(日)に行われます。
                    行き先は、「飛鳥」です。
                    神戸市中央区役所前に午前8時30分に集合。専用バスに乗って出発。飛鳥周辺を散策するといったコースです。飛鳥は万葉集のふるさと。風土ともにある“うた”と出会う紀行となります。
                    詳細(費用や詳しい日程、申し込み方法など)は追ってお知らせします。(毎年、参加を楽しみにしている会員の方も多く、今回も初春の奈良路をめぐる日帰り紀行への期待がふくらみます)


                    ★04
                    「ポエム&アート・コレクション」(1月9日〜19日) 
                    〈パート 1〉
                    ポエム&アート・コレクション(会員によるアート・オブジェ作品の展示)
                    作品搬入日/1月9日(土)
                    同搬出日/1月19日(火)
                    〈パート 2〉
                    兵庫・詩の現在展(会員の詩集、詩誌を展示)
                    〈パート 3〉
                    (2016年1月16日〈土〉)
                    ☆特別イベント その1
                    講演「神戸・兵庫を生きた詩人を語る(3)」
                    講師・たかとう匡子
                    ☆特別イベント その2
                    詩と音楽の出会いコンサート
                    詩は音楽によってどのように変化を見せるのか、詩とギター演奏のコラボレーションを楽しむ
                    ギター演奏 甲斐誠三
                    歌 甲斐恵子




                    ★05
                    来年発行の協会アンソロジー『ひょうご現代詩集』の巻末に「兵庫県現代詩協会 20年のあゆみ」(仮称)の年譜を掲載します。その作成にあたって、会員のみなさんからの情報提供をお待ちしています。12月にその情報提供のための依頼文を会員のみなさんに発送いたしますので、よろしくお願いいたします。〈この年譜は、『ひょうご現代詩集』に掲載後、ネットでも公開する予定です〉。

                    | 兵庫県現代詩協会からのお知らせ | 08:14 | - | - | - |
                    訃報/伊勢田史郎氏、逝去
                    0
                      兵庫県現代詩協会の元会長であり、顧問である伊勢田史郎氏が、20日午後3時、肝臓がんのためお亡くなりになりました。享年86歳。

                      謹んでお悔やみ申し上げます。

                      以下は、朝日新聞ネット版に掲載された記事(2015.7.21)からの引用です。

                       

                      ◇詩人の伊勢田史郎さん死去 芸術通して神戸復興

                       1955年、児童文学作家の灰谷健次郎さんらと詩誌「輪」を創刊。阪神大震災で自宅が全壊しながら、被災地からの文化復興をめざす「アート・エイド・神戸」の実行委員長を務めた。後進の育成に熱心で、兵庫県現代詩協会の会長も務めた。大阪・中之島の市中央公会堂を造った株仲買人、岩本栄之助の生涯を描いた「またで散りゆく」を朝日新聞に連載した。詩集に「低山あるき」「熊野詩集」など。

                      | - | 15:19 | - | - | - |