CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
兵庫県現代詩協会ブログ
Hyogo Contemporary Poetry Association
第11回「今月の詩」/寺岡良信
0

    no.11
     

    兵庫県現代詩協会は会員作品による「今月の詩」連載を去年9月から始めています。
    今回で11回目の掲載となります。

    この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
    会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
    作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
    「今月の詩」第11回目は寺岡良信さんで
    す。
    ではみなさん、お読みになってください。

    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------


    告知

        寺岡良信

    流れ星が眠りの出口を探しても
    わたしには目覚めはこない

    奢侈と慾望を行き来した金貨の
    果てなる姿のやうに
    いまは
    荒涼と
    潮騒を照らす月よ

    コインの文様には磔刑が似合ふと
    不在の王がさう告知したから
    廃墟には沙金採りの
    貧しい笊も棄てられて
    涙は虜囚の
    劫暑の夏に

    (しはが)れる

    --------------------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------

    寺岡良信(てらおか・よしのぶ)プロフィール

    ・一九四九年、神戸市に生まれる。
    ・高校時代に西脇順三郎、立原道造に強く魅せられ、詩に関心を抱くが、実際に書き始めたのは四十歳頃から。高校の社会科教師をながく勤めるも、二〇一三年、重病のため退職。詩誌『めらんじゅ』同人。兵庫県現代詩協会会員。
    ・二〇一四年四月、四冊目となる詩集『龜裂』を上梓した。表記はすべて歴史的仮名遣い。母語である日本語の詩的可能性を「近代詩」の抒情に求めている。


    --------------------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ---------------------------------------------------- 
    ---------------------------------------------------- 

    | 今月の詩 | 09:56 | - | - | - |
    第10回「今月の詩」/川田あひる
    0

      No.10

      兵庫県現代詩協会は会員作品による「今月の詩」連載を去年9月から始めています。
      今回で10回目の掲載となります。

      この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
      会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
      作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
      「今月の詩」第10回目は川田あひるさんで
      す。
      ではみなさん、お読みになってください。

      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------

      ◆生かさせてください
                川田あひる

      五十八歳まで生かせてもらった
      過酷であったといえなくもない
      わたしは何を聴き何を見て何を知り何をすれば
      背筋が伸びるか浄化されるか立ち上がれるか
      そして大事なこと
      調子の乗っているときに抑制できるかということだ
      何を前に置いたなら
      悪い行い感情を持たずに生きられるか
      富哲世さんの詩がすきだ

      まぶしい外光を浴びると
      無限に散らばる薄まった血のつぶと小さな覚悟を感じながら
      時代に取り残された古代のからだが重い上げ潮を運んで来る

      このフレーズを今この歳でしかわたしは感受できなかったにちがいない
      どんな状況であろうとも
      もしもわたしがピアニストなら
      ベートーベン「悲愴」第二楽章をやっと弾けるようになったと
      若くして亡くなったそれでも眩いモーツァルト、ショパンを惜しみ
      富さんのこのフレーズを鉛筆でなぞり入力し口ずさむ
      やっと分かるときがきたのだ
      六十を越えられたら
      風景は変わるのか
      そうして いつか だれの詩より
      拙いわたしの
      自分の詩がすきですなんて
      伝えるすべもなく
      おもえるようになるかもしれない
      どうか いちにちでも 長く
      生かさせてください

      富哲世「まだ新しい光が」の三行引用しています

      --------------------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------

      川田あひる(かわた・あひる)プロフィール
      一九九四年三月詩を書き始める
      一九九五年四月大阪文学学校賞詩部門受賞
      一九九七年三月毎日放送MBSギャラリー「詩と書」展一九九八年三月詩集「馬になる」彼方社より上梓一九九八年三月元町6TOWN「もものはな」展
      一一月NPO法人リ・フォープ「潮風にうたう」参加
      一二月個人詩誌「a wind egg]創刊
      二〇〇〇年一二月詩集「鰓の翼」自家版上梓
      二〇〇一年一一月元町滝公園路上ライブ
      二〇〇二年九月いちばぎゃらりぃ侑香「モンキーバナナ」展
      二〇〇三年七月北野Poket美術館「一文字」展(三人展)
      二〇〇四年七月二宮市場「しんきいってん」展
      以後、鬱病、神経症治療に専念。
      ・「現代詩神戸」会員。「めらんじゅ」同人。


      --------------------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ---------------------------------------------------- 
      ---------------------------------------------------- 

      | 今月の詩 | 09:46 | - | - | - |
      第8回「今月の詩」/高橋冨美子
      0
        No.8

        兵庫県現代詩協会は会員作品による「今月の詩」連載を去年9月から始めています。
        今回で8回目の掲載となります。

        この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
        会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
        作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
        「今月の詩」第8回目は、
        たかはしふみこさんです。
        ではみなさん、お読みになってください。

        ----------------------------------------------------
        ----------------------------------------------------
        ----------------------------------------------------
        ----------------------------------------------------
        ----------------------------------------------------

         しゃくなげに
         

                                       たかはしふみこ
         

        たちこめるきりにしっとりといだかれて

        たちつくすはなのきぬれてゆくはんのき

        じゅもくのあいだとおりすぎることばは

        にがくけしていやなにおいではなかった
         

         はのうらのちゃいろのてんはなんですか
         

        にわのかぜかわいてとおりすぎて

        ないているひざがあるうすいみず

        いろのかーでぃがんのこわいおお

        きなぼたんとつぜんひきよせるひ

        きよせられだきしめられあらがう

        そのひとのかなしいむねのにがい

        においあまくけしていやなにおい

        ではなくははのはらはらとうめい

        なみずふかくからだにこころにし

        みいりあらがうのやめたそのとき

        いかないでいわれたひとのことば

        なくでてゆくがっしりしたせなか

        それはちちのものくろのえいぞう
         

         うろこじょうのくうきのとおるあなです
         

        とほうにくれるおにぐるみははなつける

        たたずむもりのおくふかくつづいてゆく

        からまつのらくようのこみちあかるんで

        うすむらさきのしゃくなげがみをなげる

        ----------------------------------------------------
        ----------------------------------------------------

        高橋冨美子(たかはし・ふみこ) プロフィール

        兵庫県現代詩人協会、日本現代詩人会会員

         

        詩集『魚のポーズ』編集工房ノア

          駒袋    編集工房ノア     将棋ペンクラブ大賞著作部門佳作

          塔のゆくえ編集工房ノア      第34回ブルーメール賞

          子盗り   思潮社     第23回富田砕花賞

        ----------------------------------------------------
        ----------------------------------------------------
        ----------------------------------------------------
        ---------------------------------------------------- 
        ---------------------------------------------------- 

        | 今月の詩 | 09:45 | - | - | - |
        第7回「今月の詩」/増田まさみ
        0
          masamis poem
           

          兵庫県現代詩協会の2013年度の新規事業として、会員作品による「今月の詩」連載を9月から始めています。
          今回で7回目の掲載となります。
          この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
          会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
          作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
          「今月の詩」第7回目は、
          増田まさみさんです。
          ではみなさん、お読みになってください。

          ----------------------------------------------------
          ----------------------------------------------------
          ----------------------------------------------------
          ----------------------------------------------------
          ----------------------------------------------------

          離郷
                   増田まさみ

          つくばいは
          そのままに
          柱から父が
          壁から母が
          障子の桟を
          幼い姉妹が
          ぬけていく
          朽ちた声が
          ねむたげに
          這い出して
          敷居の溝へ
          溶けていく
          雪の匂いに
          裾まで浸る
          白髪の草屋
          畳のへりに
          束ねられた
          嘘のように
          なまぬるい
          産声の記憶
          ていねいに
          水をかけて
          鎮火を待つ
          つくばいの
          僅かな水に
          つれづれの
          夢の欠片が
          沈んでいる 

          ----------------------------------------------------
          ----------------------------------------------------

          増田まさみ(ますだ・ますみ) プロフィール

          ・兵庫県現代詩協会会員

          ・詩集『フロックタージュの沼』(編集工房ノア)、共著『風薫る』(美研インターナショナル)、『MON PR
          ARIS』(霧工房)
          ・句集『ルソーの森深く』(沖積舎)、『冬の楽奏』(冨岡出版)、『季憶,Mémories』『ユキノチクモリ』(霧工房)、他にエッセイ集など

          ----------------------------------------------------
          ----------------------------------------------------
          ----------------------------------------------------
          ---------------------------------------------------- 
          ---------------------------------------------------- 

          | 今月の詩 | 09:45 | - | - | - |
          第6回「今月の詩」/井口幻太郎
          0
            井口幻太郎

            兵庫県現代詩協会の2013年度の新規事業として、会員作品による「今月の詩」連載を9月から始めています。
            今回で6回目の掲載となります。
            この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
            会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
            作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
            「今月の詩」第6回目は、
            井口幻太郎さんです。
            ではみなさん、お読みになってください。

            ----------------------------------------------------
            ----------------------------------------------------
            ----------------------------------------------------
            ----------------------------------------------------
            ----------------------------------------------------

            蜻 蛉


                   井口幻太郎

                   

            おまえの姿見にしては
            この池は
            大きすぎた

            風に忘れられた水面
            ささやかな波紋を残し
            消えたものよ

             

            ----------------------------------------------------
            ----------------------------------------------------

            井口幻太郎(いぐち・げんたろう)
                 プロフィール

            ・所属詩誌「すてむ」
            ・日本詩人クラブ所属
            ・詩集『野の鈴』(比叡書房)、『アルカディアの食事』(蜘蛛出版社)、『奇妙な商売』(蜘蛛出版社)等

            ----------------------------------------------------
            ----------------------------------------------------
            ----------------------------------------------------
            ---------------------------------------------------- 
            ---------------------------------------------------- 

            | 今月の詩 | 09:55 | - | - | - |
            第5回「今月の詩」/黒住考子
            0

              五回目

              兵庫県現代詩協会の2013年度の新規事業として、会員作品による「今月の詩」連載を9月から始めています。
              今回で五回目となります。
              この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
              会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
              作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
              「今月の詩」第5回目は、
              黒住考子さんです。
              ではみなさん、お読みになってください。

              ----------------------------------------------------
              ----------------------------------------------------
              ----------------------------------------------------
              ----------------------------------------------------
              ----------------------------------------------------

              冬立つ


                     黒住考子

                     

              十二月に入る頃は

              喪中欠礼の葉書ぽつぽつ

              ある日覚えのない差出人のものが郵便受けに

              文面の亡夫の名にも心当たりがない

              もう一度 宛名を確かめてみるのだが

              木枯らしが吹いて

              葉が落ちて

              細かい枝ぶりまでくっきり

              先端には固い芽らしきものも

              それが冬に向かうということ

              顕わになった木の形のむこう

              ゆっくり滲んでくる

              ゆっくり滲んでいく

              ----------------------------------------------------
              ----------------------------------------------------

              黒住 考子(くろずみ たかこ)プロフィール   

              ・兵庫県現代詩協会会員

              ・「火曜日」メンバー

              2003年9月 詩集『ひかりの問い』(編集工房ノア)発行

              2011年3月 詩集『道なりに』(編集工房ノア)発行

              ----------------------------------------------------
              ----------------------------------------------------
              ----------------------------------------------------
              ---------------------------------------------------- 
              ---------------------------------------------------- 

              | 今月の詩 | 10:02 | - | - | - |
              第4回「今月の詩」/和比古
              0
                第四回

                兵庫県現代詩協会の2013年度の新規事業として、会員作品による「今月の詩」連載を9月から始めています。
                この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
                会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
                作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
                「今月の詩」第4回目は、
                和比古さんです。
                ではみなさん、お読みになってください。

                ----------------------------------------------------
                ----------------------------------------------------
                ----------------------------------------------------
                ----------------------------------------------------
                ----------------------------------------------------

                やさしさを感じて

                        和比古

                壁にピエロの人形
                人間たちの家に住んでいる
                人間ともっと親しくなりたいと思っている
                ピエロの姿をしているためか
                笑った顔をしていても
                彼らの仲間にはなれない
                ピエロはピエロとして生きている

                権力を背景に脅かしのような発言は
                何の意味も持たないのにまかり通る
                これが人間の世界の現状だ
                見かけ上は綺麗ごとで飾っている
                でも日常的に人権が踏みにじられている
                自らのエゴのためにしか動かない人間たち
                どこにでも厚かましい人間はいる
                マスコミは表層的なことしか言わない
                子供たちもいじめを行う
                いじめられれば仕返しをする
                こんなことをしていては
                駄目だともわからない

                心を通わすためには
                やさしい心が必要かもしれない
                仕方なしにピエロは壁にいる
                涙をそっと流している
                朝突然、ピエロが踊り始める
                部屋に悲しみが伝わる
                やさしさがわかる者たちが
                ひとりふたりと仲間として連なる
                矛盾したピエロの心の奥にも
                笑いがひびく
                決して冷笑ではない
                心底から笑っている
                その声が青い空に拡がっていく

                ----------------------------------------------------
                ----------------------------------------------------

                和比古(かずひこ)プロフィール
                ・兵庫県現代詩協会、関西詩人協会
                ・所属詩誌 「軸」
                ・詩集 『構図のあるバラード』、『風の構図』、『道化の構図』

                ----------------------------------------------------
                ----------------------------------------------------
                ----------------------------------------------------
                ---------------------------------------------------- 
                ---------------------------------------------------- 

                | 今月の詩 | 08:44 | - | - | - |
                第3回「今月の詩」/小島みどり
                0



                  bd@k
                   

                  兵庫県現代詩協会の2013年度の新規事業として、会員作品による「今月の詩」連載を9月から始めています。

                  この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。

                  会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
                  作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。

                  さて、「今月の詩」第3回目として登場していただくのは、小島みどりさんです。

                  ではみなさん、お読みになってください。

                  ----------------------------------------------------

                  ----------------------------------------------------

                  ----------------------------------------------------

                  ----------------------------------------------------

                  ----------------------------------------------------

                  すずむし

                            小島みどり 

                   

                  りん りん りん
                  すずむしが鳴いている
                  鳴いて
                  鳴いて
                  秋の夜をにぎわしている
                  りん りん りん
                  花と戯れ
                  風と戯れ
                  露と戯れ
                  りん りん りん
                  鳴いて
                  鳴き通して
                  闇の中に消えていくのかもしれない命を

                  私も生きている

                  ----------------------------------------------------

                  ----------------------------------------------------

                  小島みどり・プロフィール 
                  ・兵庫県現代詩協会会員
                  ・「トロピカーナの詩の会」所属 
                  ・二〇〇一年十一月詩集『山犬』発行
                  ・二〇〇五年三月詩集『鬼の庭』発行

                  ----------------------------------------------------

                  ----------------------------------------------------

                  ----------------------------------------------------

                  ---------------------------------------------------- 

                  ---------------------------------------------------- 

                  | 今月の詩 | 09:11 | - | - | - |
                  第2回「今月の詩」/飽浦 敏
                  0




                    兵庫県現代詩協会の2013年度の新規事業として、会員作品による「今月の詩」連載を9月から始めています。

                    この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。

                    会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
                    作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。

                    さて、「今月の詩」第2回目として登場していただくのは、飽浦 敏さんです。

                    ではみなさん、お読みになってください。

                    ----------------------------------------------------

                    ----------------------------------------------------

                    ----------------------------------------------------

                    ----------------------------------------------------

                    ----------------------------------------------------

                     菫

                           飽浦 敏

                    戦場にも季節は巡りくる

                    ゴーゴーと 昼夜の別なく大型車両が行き交う

                    大阪此花区島屋 安治川口駅辺り

                    住友金属グループ企業が集る 人呼んで住友村

                    隣接して 日本最大郵便局と佐川急便の基地

                    他にハイテク産業企業が群れて建つ

                    戦場だ

                    アスファルト道路は絶えず凸凹が生じ亀裂が走る

                    補修がなされるその隙をねらうかのように

                    季節風はそっと訪れ 地表をなでて行く

                    気がつくと アスファルト道の裂目に緑が芽生え

                    おそるおそる 地上を覗き見している

                    通りがかりの私の 目と目が合って

                      ようこそ・・・

                    私は思わず声をかけた その日から

                    見る度に緑は成長を続け やがて蕾をふくらませ

                    花を咲かせた けれど

                    花は埃りにまみれて ふるえていた

                      さあおいで・・・

                    コップに差して放してやると

                    紫の香りが ほのかに立ちあがり

                    遠い日に過した郷里へと私をいざなう

                    カラカラと 馬車が行く野辺の道端

                    びっしり並んで 花首を下げている菫を

                    ランドセルの背を丸くして摘んだ

                    掌に一杯の花を頬に寄せている友達の

                    影が朧に浮んでいる

                    今も咲いているであろう

                    咲く花は咲く

                    咲いて薫れ 菫の花

                    ----------------------------------------------------

                    ----------------------------------------------------

                    飽浦 敏(あくうら・とし)・プロフィール

                    ・八重山高等女学校卒

                    ・日本現代詩人会・日本詩人クラブ・関西詩人協会・兵庫県現代詩協会会員

                    ・「アリゼ」同人

                    ・詩集に『悠久(ナンサイ)ぬ花(ハナ)』、『星昼間(プシピローマ)』、『北極星(ニイヌファブシ)』第20回山之口貘賞受賞・第23回伊東静雄奨励賞受賞
                     

                    ----------------------------------------------------

                    ----------------------------------------------------

                    ----------------------------------------------------

                    ---------------------------------------------------- 

                    ---------------------------------------------------- 

                    | 今月の詩 | 08:43 | - | - | - |
                    第1回「今月の詩」/かただときこ
                    0




                      兵庫県現代詩協会の今年度の新規事業として、会員による「今月の詩」の連載を始めます。

                      この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。

                      会員の詩は、協会の公式サイトで、一カ月に一作品をネット上(このブログ)に掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。なお作者の選定は、兵庫県現代詩協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務を遂行するものです。

                      「今月の詩」の第一回目として、かただときこさんの作品を掲載することにいたします。

                      ではみなさん、お読みになってください。

                      ----------------------------------------------------

                      ----------------------------------------------------

                      ----------------------------------------------------

                      ----------------------------------------------------

                      ----------------------------------------------------

                      手と

                             かただときこ

                      太陽に扇の手をかざす

                      仏さまの教えが

                      一月の産院で

                      娘を抱き寄せた眼にこぼれる雫

                      ふるえ 広げる両手に

                      無垢な手足が 愛おしさ湧かせ

                      小さな小指が「地」を表すと

                      わたしの 曲がった第一関節は

                      仕事で変形した職業病

                      夢が折れたわたしを地上にひきあげ

                      薬指は「水」を

                      働き盛りに 左手薬指をドアで詰め

                      開放骨折した指は

                      時をえても痛み 労わりを促せて

                      小高い中心の指「火」

                      人類が生きる力の始まりを

                      わたしは天職に

                      子ども達の食事を作る

                      人差し指は「風」

                      東西南北 暦を教え吹く

                      いつまでも彷徨っているわたしに  

                      道を示すだろうか

                      短くでっかい親指

                      拳で握りこめば「空」

                      晴れ 雨 曇り 嵐のわたしも

                      守ってほしい

                      万物生きる地球で

                      左の不浄をかばう 右手の清浄

                      命の輪廻に さしだす手は

                      誰と握手しようか

                      今では手に数え切れない皺を刻み 

                      重ねてゆく 行く手の未来は

                      ----------------------------------------------------

                      ----------------------------------------------------

                      かただときこ・プロフィール

                      ・大阪文学学校研究科終了

                      ・兵庫県現代詩協会会員

                      ・「邪馬台」会員

                      ・「風箋」詩の同人誌 発行事務局

                      ・「さんが」小説・エッセイ同人誌 発行事務局

                      ・二〇〇八年三月

                       詩集『ステパラと子どものアンサンブル』発行

                      ----------------------------------------------------

                      ----------------------------------------------------

                      ----------------------------------------------------

                      ---------------------------------------------------- 

                      ---------------------------------------------------- 

                      | 今月の詩 | 15:17 | - | - | - |