CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
兵庫県現代詩協会ブログ
Hyogo Contemporary Poetry Association
<< 第二回文学紀行 | main | 第8回「今月の詩」/高橋冨美子 >>
第7回「今月の詩」/増田まさみ
0
    masamis poem
     

    兵庫県現代詩協会の2013年度の新規事業として、会員作品による「今月の詩」連載を9月から始めています。
    今回で7回目の掲載となります。
    この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
    会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
    作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
    「今月の詩」第7回目は、
    増田まさみさんです。
    ではみなさん、お読みになってください。

    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------

    離郷
             増田まさみ

    つくばいは
    そのままに
    柱から父が
    壁から母が
    障子の桟を
    幼い姉妹が
    ぬけていく
    朽ちた声が
    ねむたげに
    這い出して
    敷居の溝へ
    溶けていく
    雪の匂いに
    裾まで浸る
    白髪の草屋
    畳のへりに
    束ねられた
    嘘のように
    なまぬるい
    産声の記憶
    ていねいに
    水をかけて
    鎮火を待つ
    つくばいの
    僅かな水に
    つれづれの
    夢の欠片が
    沈んでいる 

    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------

    増田まさみ(ますだ・ますみ) プロフィール

    ・兵庫県現代詩協会会員

    ・詩集『フロックタージュの沼』(編集工房ノア)、共著『風薫る』(美研インターナショナル)、『MON PR
    ARIS』(霧工房)
    ・句集『ルソーの森深く』(沖積舎)、『冬の楽奏』(冨岡出版)、『季憶,Mémories』『ユキノチクモリ』(霧工房)、他にエッセイ集など

    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ---------------------------------------------------- 
    ---------------------------------------------------- 

    | 今月の詩 | 09:45 | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 09:45 | - | - | - |