CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
兵庫県現代詩協会ブログ
Hyogo Contemporary Poetry Association
<< 第8回「今月の詩」/高橋冨美子 | main | 兵庫県現代詩協会 2014年度の活動予定紹介 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    総会が行われました
    0
      本日、神戸市中央区のラッセホールにおいて、兵庫県現代詩協会の第35回理事会ならびに第18回定期総会が開かれました。

      総会では、会長のたかとう匡子さんが開会あいさつ。続いて総合司会の高谷和幸事務局長が、総会の議事進行役として、時里二郎副会長を選任。2013年度の事業報告、同年度の会計報告がそれぞれ担当者から会員に示され、続いて、2014年度活動方針案(予定事業と会の増強の取り組み、会則の一部改訂を含む)と、同年度予算案が示され、いづれも会場の会員のみなさんから承認されました。


      総会のようす

      続いて、二部では、副会長の玉井洋子氏の司会のもと、会員の神尾和寿氏の講演「「沈黙」から「沈黙」へ==ヴィトケンシュタイン『論理哲学論考』を手がかりとして詩の在り処を探る==」がありました。

      さらに三部では、神田さよ常任理事の司会によって、会員諸氏による自作詩の朗読があり、10名の参加がありました。
      (朗読参加者(敬称略)/彼末れい子、北野和博、在間洋子、中堂けいこ、中嶋康雄、永井ますみ、瑞木よう、渡辺信雄、安西佐有理、飛鳥聖羅)

      ちなみに、本日の時点で、兵庫県現代詩協会の会員数は174名です。

      **************
      定期総会の終了後、元町「松屋」において、懇親会がもたれました。

      今年度(2014年度の活動方針は、明日の日付〈5月19日付け〉で紹介します)。
      | 協会の活動 | 23:14 | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:14 | - | - | - |