CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
兵庫県現代詩協会ブログ
Hyogo Contemporary Poetry Association
<< 会員の詩誌紹介(2014.No.01) | main | 第10回「今月の詩」/川田あひる >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    第9回「今月の詩」/安西佐有理
    0
      さゆりさん

      兵庫県現代詩協会は会員作品による「今月の詩」連載を去年9月から始めています。
      今回で9回目の掲載となります。

      この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
      会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
      作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
      「今月の詩」第9回目は安西佐有理さんで
      す。
      ではみなさん、お読みになってください。

      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------

      ◆ひそかな裸足
          —2014年5月18日、神戸 詩を書く人たちの集いのために

          安西佐有理

      裸足だ
      靴の中、靴下の中では裸足だ
      朝の濡れた草はらや
      昼のまとわりつく砂、
      夜の川底でぬめる石こそ踏んでいないけれど一日中
      靴の中で、曲がった小指に至るまで
      木綿ごしナイロンごし、
      中敷ごし底革ごし、
      アスファルトごしに、
      ひそかに裸足の足は
      街じゅうにはりめぐらされた、震える根を
      踏んでいる

      幼稚園児のおしゃべりと、つながれた手の揺れに葉ずれを呼応させ
      ながら
      日々老いてきた、クローンの桜を今年も咲かせ、
      から元気な街路で、街の炎の薄れる記憶を
      吸いあげるハナミズキを
      咲かせ、
      三人家族の家の土台のしずかななごりが空
      地に残る路地の入口で
      鋭い棘をかまえて寝ずの番をする黄薔薇を咲かせてきた
      五月十八日、神戸の地下で震えつづける根を通る力は
      その昔のワタシタチの、緑の導火線を通ってきた力
      時間の輝きと無情のなかで、鎖につながれてうたわれる海の歌、
      鶏のレバーを洗った水で描かれる妄想の花々や鳥たちのうごめきを
      どこかのワタシタチから、生み出してきた力

      初夏の明るい窓を確かめ
      磨いたばかりの、あるいは、昨日の泥にま
      みれたままの靴を履いて
      ワタシタチのひそかな裸足が踏む街の根の
      野放図なひろがりは
      街をいまだに揺らしながら伸びつづけ、浸食しつづけ、
      無言で靴を磨き床を磨き鍋を磨き技を磨く
      今ここのワタシタチの
      孤独な知恵をむすびつけ
      弱々しい感情の束をパイプオルガンにして
      鳴らすこともできる
      それはワタシならぬワタシタチの、唯一の器官

      根を通る力、根のひろがりと
      裸足の足は
      靴の中、靴下の中ではひそかな裸足のワタシタチは
      毎日、毎歩、接続と分断を繰り返している
      根の上を歩き
      根の力がワタシタチにも流れこむのを
      思い出すとき
      新しい花、新しい歌が、ワタシから
      またひっそりとワタシタチへ、生まれでてくる

      ※ディラン・トマス「緑の導火線」、「ファーン・ヒル」、セラフィーヌ・ルイの生涯と絵画にも敬意をはらって
      --------------------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------

      安西佐有理(あんざい さゆり)プロフィール

      二〇〇三年秋より詩誌『Melange』参加。同人を経て現在、「月刊めらんじゅ」誌友。二〇〇四年より「ロルカ詩祭」等にて声のための詩の試みを行う。多言語コミュニケーション普及と言語へのうたがいの間で翻訳業に勤しんでいる。


      --------------------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ----------------------------------------------------
      ---------------------------------------------------- 
      ---------------------------------------------------- 
      | - | 09:18 | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:18 | - | - | - |