CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
兵庫県現代詩協会ブログ
Hyogo Contemporary Poetry Association
<< 第10回「今月の詩」/川田あひる | main | 兵庫県現代詩協会 第 19 回定期総会 >>
第11回「今月の詩」/寺岡良信
0

    no.11
     

    兵庫県現代詩協会は会員作品による「今月の詩」連載を去年9月から始めています。
    今回で11回目の掲載となります。

    この企画は、兵庫県現代詩協会会員の詩業のさらなる発展の一助となるよう位置づけているものです。
    会員の詩は、一カ月に一作品を、協会の公式サイトであるこのブログに掲載し、同会員ならびに、一般読者にむけて、会員の作品世界を紹介しようというものです。
    作者の選定は、同協会常任理事の諸氏に意見をうかがい、担当理事の大橋愛由等が事務作業を遂行するものです。
    「今月の詩」第11回目は寺岡良信さんで
    す。
    ではみなさん、お読みになってください。

    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------


    告知

        寺岡良信

    流れ星が眠りの出口を探しても
    わたしには目覚めはこない

    奢侈と慾望を行き来した金貨の
    果てなる姿のやうに
    いまは
    荒涼と
    潮騒を照らす月よ

    コインの文様には磔刑が似合ふと
    不在の王がさう告知したから
    廃墟には沙金採りの
    貧しい笊も棄てられて
    涙は虜囚の
    劫暑の夏に

    (しはが)れる

    --------------------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------

    寺岡良信(てらおか・よしのぶ)プロフィール

    ・一九四九年、神戸市に生まれる。
    ・高校時代に西脇順三郎、立原道造に強く魅せられ、詩に関心を抱くが、実際に書き始めたのは四十歳頃から。高校の社会科教師をながく勤めるも、二〇一三年、重病のため退職。詩誌『めらんじゅ』同人。兵庫県現代詩協会会員。
    ・二〇一四年四月、四冊目となる詩集『龜裂』を上梓した。表記はすべて歴史的仮名遣い。母語である日本語の詩的可能性を「近代詩」の抒情に求めている。


    --------------------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ----------------------------------------------------
    ---------------------------------------------------- 
    ---------------------------------------------------- 

    | 今月の詩 | 09:56 | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 09:56 | - | - | - |