CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
兵庫県現代詩協会ブログ
Hyogo Contemporary Poetry Association
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    2015年度後半の兵庫県現代詩協会 活動内容
    0

      兵庫県現代詩協会の第3回常任理事会が、兵庫県私学会館で開催され、いくつかの事項が決定しました。

      発表可能な事項について、紹介します。


      ★01
      第8回読書会
      11月23日(月・祝)に開催します。
      場所は、兵庫県私学会館(「元町駅」下車徒歩2分)
      テーマ/「三好達治の詩の世界(仮題)」、
      チューター/北岡 武司(兵庫県現代詩協会会員)
      時間/午後1時から3時まで
      (会場は101号室)


      ★02
      第2回詩のフェスタ実行委員会は、9月20日(日)午後3時30分から、兵庫県私学会館にて開催されました。
      (第3回常任理事会が終了してのちに行われたものです)


      〈2015年―ふれあいの祭典 詩のフェスタひょうご〉が10月4日(日)に開かれます。
      2015Festa

      時間/午後1時から4時まで(受付は12時30分から)
      会場/ラッセホール(神戸市中央区)
      主催/詩のフェスタひょうご実行委員会
      共催/兵庫県、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、兵庫県現代詩協会
      参加費/無料
      ―――――――――――――――――――――――――――――――☆
      〈第1部 講演〉pm1:00〜
      講師/佐々木 幹郎
      演題/「書く」こと、「待つ」こと。
      ―中原中也とチェホフをめぐって
      〈第2部 詩の朗読会〉pm3:00〜
      一般募集による自作詩の朗読会(10名が朗読予定)
      ―――――――――――――――――――――――――――――――☆
      佐々木幹郎氏プロフィール
      1947年奈良で生まれ、大阪で育つ。東京都在住。『新編中原中也全集』(全5巻別巻1)の責任編集委員。詩集に『死者の鞭』、『蜂蜜採り』(高見順賞)、『悲歌が生まれるまで』、『明日』(萩原朔太郎賞)。評論・エッセイ集に『中原中也』(サントリー学芸賞)、『アジア海道紀行』(読売文学賞)、『やわらかく、壊れる』、『旅に溺れる』、『瓦礫の下から唄が聴こえる』、『東北を聴くー民謡の原点を訪ねて』ほか。

      ―――――――――――――――――――――――――――――――☆
      会場/ラッセホール
      神戸市中央区中山手通4-10-8
      電話078-291-1117
      JR・阪神元町駅・市営地下鉄県庁前(東出口1番)より徒歩8分
      阪急三宮駅・地下鉄三宮駅から徒歩15分
      申込み・問合わせ先/詩のフェスタ実行委員会事務局
      〒663−8006 西宮市段上町6−14−4(神田さよ方)
      tel 0798−53−0686 fax 0798−53−6991
      ―――――――――――――――――――――――――――――――☆
      フェスタの終了後、懇親会が午後4時40分から行われます。
      参加費/4500円
      会場/金魚(本店) 電話078-333-6678
      場所/神戸市中央区北長狭通1-7-5ハクサンビル



      ★03
      兵庫県現代詩協会の「文学紀行」が、3月6日(日)に行われます。
      行き先は、「飛鳥」です。
      神戸市中央区役所前に午前8時30分に集合。専用バスに乗って出発。飛鳥周辺を散策するといったコースです。飛鳥は万葉集のふるさと。風土ともにある“うた”と出会う紀行となります。
      詳細(費用や詳しい日程、申し込み方法など)は追ってお知らせします。(毎年、参加を楽しみにしている会員の方も多く、今回も初春の奈良路をめぐる日帰り紀行への期待がふくらみます)


      ★04
      「ポエム&アート・コレクション」(1月9日〜19日) 
      〈パート 1〉
      ポエム&アート・コレクション(会員によるアート・オブジェ作品の展示)
      作品搬入日/1月9日(土)
      同搬出日/1月19日(火)
      〈パート 2〉
      兵庫・詩の現在展(会員の詩集、詩誌を展示)
      〈パート 3〉
      (2016年1月16日〈土〉)
      ☆特別イベント その1
      講演「神戸・兵庫を生きた詩人を語る(3)」
      講師・たかとう匡子
      ☆特別イベント その2
      詩と音楽の出会いコンサート
      詩は音楽によってどのように変化を見せるのか、詩とギター演奏のコラボレーションを楽しむ
      ギター演奏 甲斐誠三
      歌 甲斐恵子




      ★05
      来年発行の協会アンソロジー『ひょうご現代詩集』の巻末に「兵庫県現代詩協会 20年のあゆみ」(仮称)の年譜を掲載します。その作成にあたって、会員のみなさんからの情報提供をお待ちしています。12月にその情報提供のための依頼文を会員のみなさんに発送いたしますので、よろしくお願いいたします。〈この年譜は、『ひょうご現代詩集』に掲載後、ネットでも公開する予定です〉。

      | 兵庫県現代詩協会からのお知らせ | 08:14 | - | - | - |
      訃報/伊勢田史郎氏、逝去
      0
        兵庫県現代詩協会の元会長であり、顧問である伊勢田史郎氏が、20日午後3時、肝臓がんのためお亡くなりになりました。享年86歳。

        謹んでお悔やみ申し上げます。

        以下は、朝日新聞ネット版に掲載された記事(2015.7.21)からの引用です。

         

        ◇詩人の伊勢田史郎さん死去 芸術通して神戸復興

         1955年、児童文学作家の灰谷健次郎さんらと詩誌「輪」を創刊。阪神大震災で自宅が全壊しながら、被災地からの文化復興をめざす「アート・エイド・神戸」の実行委員長を務めた。後進の育成に熱心で、兵庫県現代詩協会の会長も務めた。大阪・中之島の市中央公会堂を造った株仲買人、岩本栄之助の生涯を描いた「またで散りゆく」を朝日新聞に連載した。詩集に「低山あるき」「熊野詩集」など。

        | - | 15:19 | - | - | - |
        第二回常任理事会で決まったこと
        0
          本日、兵庫県現代詩協会の第二回常任理事会が、私学会館で開催され、いくつかの事項が決定しました。

          発表可能な事項について、記しておきます。

          ★01
          第8回読書会
          11月23日(月・祝)に開催します。
          場所は、兵庫県私学会館(「元町駅」下車徒歩2分)
          テーマ、チューターは未定です。
          (会場は101号室)

          ★02
          第二回詩のフェスタ実行委員会は、9月20日(日)午後3時30分から、兵庫県私学会館にて開催します。
          (第三回常任理事会は、同日午後1時から同館にて行われます)

          ★03
          兵庫県現代詩協会の「文学紀行」が、3月6日(日)に行われます。
          行き先は、「飛鳥」です。
          神戸市中央区役所前に午前8時30分に集合。まず「司馬遼太郎記念館」を見学の後、移動して、飛鳥周辺を散策するといったコースです。
          詳細(費用や詳しい日程、申し込み方法など)は追ってお知らせします。

          ★04
          その他、「ポエム&アート・コレクション」(1月9日〜19日)の内容についても、詳細が分かればお知らせします。
          | - | 23:50 | - | - | - |
          佐々木幹朗氏の朗読(動画)
          0
            東日本大震災が起きた年のことです。2011年11月26日、詩人・佐々木幹郎氏が神戸を訪れた時、懇親会の会場(三宮・スペイン料理カルメン)で、東北を詠った詩作品を朗読してくれました。動画でご覧になってください。

            心のこもった良い朗読なので、ここに紹介します。



            http://twitcasting.tv/gunshaku/movie/3078322
            | | 09:46 | - | - | - |
            第7回読書会、開かれる
            0
              兵庫県現代詩協会主催による第七回読書会が、兵庫県私学会館(神戸市中央区)にて行われました。
              本日は、台風通過した後も復旧しない交通機関の混乱もあって、参加者の数にも影響が出たのです。

              チューターは季村敏夫氏。テーマは、「佐々木幹郎氏の詩精神」について。


              季村敏夫
              今回の読書会は、10月4日(日)に行われる「2015年ふれあいの祭典 詩のフェスタひょうご」に、ゲストとして講演していただく詩人・佐々木幹朗氏の作品世界を、あらかじめ知っておこうと企画されたものです。

              季村氏は、「佐々木氏とは19歳の時からの付き合いだから、その仕事を客観視したり、作品をテキストとして読めない」と語り始めました。

              当日、あらかじめ参考文献としてあげた『東北の声を聴く—民謡の原点を訪ねて』(岩波新書、2014)から、「声は、「聴こえる」ものではなく、聴こえないものに潜む。声(沈黙)を聴きとる、こういい替えてもよいと思う」を引用し、言葉とは、文字ではなく、声なのではないか、「佐々木氏が東北で求めていたのは、文字ではなく声だった」と語り、さらには武満徹(内部に沈黙を宿した音)や、太田省吾(沈黙劇「水の駅」)の表現を紹介しながら、表現と沈黙について話が及びました。

              さらに、朗読(リーディング)の現場で、佐々木氏が自作詩をその場で言い換えたことに注目(「言葉をさがして黙っている誰かに伝えるためではなく誰にも伝えたくないから黙っている」を「誰かに伝えるために黙っている」/「奇妙な果実」、詩集『砂から』書肆山田、2002)。佐々木氏は自分が接っしている外部のありようによって、その現場で言い換えるのかもしれない、などとその言い換えの意味をさぐったのです。

              そして語りは、1967年に舞台を移し、羽田弁天橋でデモ参加中に死亡した京大生・山崎博昭氏のことや、清水昶氏、正津勉氏の詩業にも言及したのです。
              | 協会の活動 | 23:36 | - | - | - |
              兵庫県現代詩協会の事務局が変わりました
              0
                兵庫県現代詩協会の事務局が、2015年度から
                以下に変更されましたので、お知らせしておきます。


                ★兵庫県現代詩協会 事務局 担当者と連絡先★
                担当者/事務局 神田さよ 方
                住所/〒663−8006 西宮市段上町6−14−4
                   筺  0798−53−0686
                   fax 0798−53−6991
                E₋メール nrk54251@nifty.com

                --------------------------
                兵庫県現代詩協会が関係する事業、発行物などの連絡先は上記の担当者と連絡先となります。


                (個別の事業に関しては、別の担当者が担うことがあります)
                 
                | - | 08:46 | - | - | - |
                10月4日(日)のふれあいの祭典 詩のフェスタひょうごに向けて
                0
                  本日、神戸の私学会館で、第一回「2015年度 ふれあいの祭典 詩のフェスタひょうご」に関する第一回実行委員会が開かれました。

                  そこで決定したことをお知らせしておきます。

                  また、詳細はおってお知らせいたします。


                  〈2015年度 ふれあいの祭典 詩のフェスタひょうご〉

                  ☆事業内容/兵庫県下の文芸愛好者向けに詩人の講演会を開き、詩の実作のためのヒントや教養を学び技術的な進展と普及を目指す。また県下図書館、文化施設にチラシを配布し広く県民に呼びかけ詩作品を募集し、詩の朗読会を開催する。
                  ☆日時/2015年10月4日(日)午後1時〜4時
                  ☆場所/「ラッセホール」神戸市中央区中山手通4-10-8 電話078-291-1117
                               開催する部屋は「ハイビスカスホール」
                  ☆内容/・開会の挨拶
                      ・講演 詩人・佐々木幹郎
                      ・朗読(自作詩を朗読していただける方を募集いたします。希望者は9月5日〈土〉までに以下の問い合わせ先まで連絡してください)
                     〈詳細が決まりましたらまたお知らせします〉
                  ☆参加費/無料
                  ☆問い合わせ先/(1)2015年度 ふれあいの祭典 詩のフェスタ実行委員会事務局
                          (兵庫県現代詩協会内 担当・神田さよ)
                         〒663-8006 西宮市段上町6-14-4
                                       電話0798-53-0686  FAX0798-53-6991
                          (2)兵庫県文化協会
                         〒650-0011 神戸市中央区中山手通4-16-3
                                       電話078-321-2002  FAX078-321-2189
                  ☆主催団体/詩のフェスタひょうご実行委員会
                   共催団体/兵庫県、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、兵庫県現代詩協会
                                       


                   
                  | - | 23:22 | - | - | - |
                  兵庫県現代詩協会 第七回読書会のご案内
                  0
                       〈兵庫県現代詩協会 第七回読書会のご案内〉

                    ★挨拶 (兵庫県現代詩協会会長 たかとう匡子)
                    新年度がスタートしました。7回目となる兵庫県現代詩協会の読書会は、10月4日(日)開催予定の—ふれあいの祭典—「詩のフェスタひょうご」の講師に佐々木幹郎氏をお招きするにあたり、予習の意味で佐々木氏と半世紀近い親交のある季村敏夫さんに、下記テーマでお話しいただきます。お二人の共通項は「世界とどうかかわるか」にあるようです。乞う期待。
                    万障お繰り合わせのうえぜひ、ご参加ください。


                    ★内容
                    日時/7月18日(土)午後1時00分〜
                    場所/兵庫県私学会館301号室
                       神戸市中央区北長狭通4-3-13 電話078-331-6623
                    チューター/季村敏夫
                    「他者に耳を澄ます、これが佐々木氏の姿勢である。向こうからの訪れをどう受けとめ、どう応えるか、そのことの実践と詩作が一体であること、稀有である」
                    会費/兵庫県現代詩協会会員は無料です
                     (会員限定の会です。会員以外の方で参加希望の方は、以下の連絡先にアクセスしてください)
                    参考テキスト/佐々木幹郎著『東北を聴く』(岩波新書)
                          『佐々木幹郎詩集』(思潮社、現代詩文庫)
                    問い合わせ・連絡先/玉井洋子 078-451-4155


                     
                    | 協会の活動 | 23:40 | - | - | - |
                    兵庫県現代詩協会に入会希望の方へ/連絡先が変わりました
                    0

                      兵庫県現代詩協会への入会を希望される方の連絡先が、2015年度から変更されました。

                      新しい担当者は以下に変更されました。
                      尾崎美紀<ozaki1948@k7.dion.ne.jp>


                      みなさん、詩を書いておられる方や、詩に興味を持っておられる方は、こぞって兵庫県現代詩協会に入会してください。

                      -------------------------------------------------------------------------------★

                      〈兵庫県現代詩協会への入会についての要項〉

                      兵庫県現代詩協会に入会を希望される方は、以下の同協会の会則に書かれた内容を承諾のうえ、申し込んでください。

                      ★兵庫県現代詩協会は、兵庫県に在住または同県に関係のある詩人の親睦交流を図り、現代詩の普及発展のための相互協力や情報活動が円滑に行われることを目的とする。

                      ★入会・会員資格(兵庫県現代詩協会・会則より)

                         第四条/この会の会員は兵庫県に住居または活動の場を持っている詩人、もしくは兵庫県下で発行されている詩誌・文学誌に所属して活動している詩人とする。

                         第五条/会員は会費を納入し、会則にしたがう。

                         第六条/この会の趣旨に賛同し、入会を希望するものは、事務局に申し込むとともに、入会年度の会費を納入する。

                         第七条/この会を退会するものは事務局に申し出る。会費を2年以上滞納して催促に応じない場合は退会したものとみなす。

                      -------------------------------------------------------------------------------★

                      ★協会に入会を希望される方は、

                      (氏名・ふりがな)

                      (住所)〒

                      (連絡先/電話・メールアドレス)

                      (詩歴/詩集・所属詩誌など)

                      を明記して、協会担当者である、

                      尾崎美紀<ozaki1948@k7.dion.ne.jp>

                      まで送信してください。

                      ★年会費(4月〜3月) 4.000円(事務局から郵便振替用紙を同封します)

                      -------------------------------------------------------------------------------★

                      | - | 09:24 | - | - | - |
                      兵庫県現代詩協会「アンソロジー」のこと
                      0
                        兵庫県現代詩協会では、隔年に『ひょうご現代詩集』という会員の作品を収録したアンソロジーを発行しています。

                        今年度(2015年度)はその発行年なのですが、来年度が協会発足20周年にあたるために、
                        今年度は発行せずに、来年度に発行することになりました。

                        また、来年度に発行する『創立20周年 ひょうご現代詩集』にはその巻末に、年譜を収録することが企画されています。
                        協会が発足するまでの経緯と、20年間の協会の活動内容、会員の詩集、評論集、エッセイ集の紹介、また会員の関係する詩誌などの紹介をその年譜に収録することを予定しています。




                         
                        | - | 09:03 | - | - | - | 昨年の記事